ハニー活動日誌

Home > Tag > イタリア

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.12 Wed煌びやかな地図のギャラリー、そしてシスティーナ礼拝堂

(1)広大なヴァチカン美術館
(2)ローマ法王の様々なコレクション、ヴァチカン美術館
(3)煌びやかな地図のギャラリー、そしてシスティーナ礼拝堂
(4)聖堂の中の聖堂、サン・ピエトロ大聖堂
(5)サン・ピエトロ広場とスイス衛兵
Musei Vaticani

地図のギャラリー

パリのルーブル美術館にある「アポロン・ギャラリー」やヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」に匹敵する豪華絢爛さ。
16世紀、グレゴリオ13世が描かせた地形図約40点が展示されている、全長120Mもの長い回廊です。


Musei Vaticani

フレスコ画の地図

イタリアの各地方のかなり正確な地形図が並んでます。写真の地形図は長靴の形をしたイタリアの爪先部分にあたるカラブリア地方の地図です。


Musei Vaticani

壮麗な天井

地図のギャラリーの天井は本当に煌びやか。
絵画や彫刻がびっしりと装飾されていて、地図を観るか、天井を観るか、と思い悩んでいる間にツアーのため、どんどん進まざるえなかったのが残念です…。

ツアーは効率的ですが、ヴァチカン美術館をくまなく観て回りたかったら、個人で訪れることをオススメします。日本語のオーディオガイドがあるそうなので、パスポートを忘れずに持っていくと借りられます。


システィーナ礼拝堂

美術館見学後は、いよいよシスティーナ礼拝堂内に入ります。内部はガイド禁止なので、中庭で説明を受けた壁画の説明を思い出しながらの見学です。もちろん撮影も禁止なので、残念ながら写真はありません。

薄暗いシスティーナ礼拝堂内はたくさんの見学者でいっぱい。
大きな声で話すのは禁じられているものの、人が多いので、小さな話し声がざわめきを作り、静寂とは程遠いのが少し残念です。

システィーナ礼拝堂の祭壇一面に描かれたフレスコ画、ミケランジェロの「最後の審判」がメインですが、その他にも天井画や壁画など、時間が経つのを忘れてしまうほど見るべきものが多いです。見上げっぱなしなので、首が痛くなってきてしまうのが唯一の難点でしょうか。


Musei Vaticani

Scala Regia

システィーナ礼拝堂を出てすぐのこの階段。名前はScala Regia(スカラ・レジア)。王の階段と呼ばれています。
ベルニーニ設計のバロック建築で、上(奥)に行くほど階段幅が狭くなっている、まるで舞台装置のような階段。

この階段を下りて、外に出るとサン・ピエトロ大聖堂の脇に出ます。次はいよいよサン・ピエトロ大聖堂です。


スポンサーサイト

2010.01.16 Satローマ法王の様々なコレクション、ヴァチカン美術館

(1)広大なヴァチカン美術館
(2)ローマ法王の様々なコレクション、ヴァチカン美術館
(3)煌びやかな地図のギャラリー、そしてシスティーナ礼拝堂
(4)聖堂の中の聖堂、サン・ピエトロ大聖堂
(5)サン・ピエトロ広場とスイス衛兵
Musei Vaticani

建物自体が芸術作品

中庭から美術館内にいよいよ入場。美術品に出会う前に、まずは美術館内の壁や天井の彫刻に驚かされます。
パリやロンドンの美術館、博物館でも驚かされましたが、やはりヴァチカンも負けてはいません。建物自体がすでに美術品のようです。


Musei Vaticani

足元にもモザイク画

色のついた小片を寄せ合わせて作られるモザイク画がそこここにあります。単なる模様である場合だけでなく、この写真のようにまるで絵画のような繊細さのあるモザイク画も多く、その細かさに感嘆の念を覚えます。


Musei Vaticani

足元から天井まで

展示されている美術品だけでなく、天井や壁、床すべてに絵画や装飾があるため、上から下まで見るべきところが非常に多いです。
ガイド付きのツアーだったので、ゆっくりすべてを見ることはできませんでしたが、初回なので有名どころを説明を聞きながら見学できたのは収穫でした。次回ローマに行く際は、個人で一日をかけて時間を気にせずに見学したいと思います。


Musei Vaticani

燭台のギャラリー

流暢な日本語で話し続けるガイドさんについて行くのが精一杯で、写真もたいして撮れなかったのが心残りですが、こちらは燭台のギャラリー。たくさんの彫刻が並んでます。


Musei Vaticani

失われたギリシャ彫刻

燭台のギャラリーにあった白鳥を捕らえる少年像。元はすでに失われてしまったギリシャ彫刻なのですが、ローマで復刻された大理石のレプリカです。
レプリカとはいえ、こういったローマの復刻のおかげでギリシャ美術を後世に伝えることができたのだそうです。


Musei Vaticani

タペストリーのギャラリー

回廊の両脇に大きなタペストリーが並ぶギャラリーでした。
タペストリーの前で説明しているのが、今回お世話になったツアーのイタリア人ガイドさん。非常に日本語が流暢で、説明の面白い方でした。


[PR] ローマのオプショナルツアー
ヴァチカン美術館をはじめ、郊外への人気ツアーや市内観光、世界遺産観光、空港送迎、レストラン予約も、事前にオンライン予約で簡単手配。航空券とホテルを自分で手配したら、ネットで気軽に旅をアレンジ!

2010.01.15 Fri広大なヴァチカン美術館

(1)広大なヴァチカン美術館
(2)ローマ法王の様々なコレクション、ヴァチカン美術館
(3)煌びやかな地図のギャラリー、そしてシスティーナ礼拝堂
(4)聖堂の中の聖堂、サン・ピエトロ大聖堂
(5)サン・ピエトロ広場とスイス衛兵
Musei Vaticani

ヴァチカン城壁の向こう


今回は甥っ子連れということもあり、確実に入館できて、正しい説明を受けられるようにヴァチカンの半日ツアーに参加しました。
午前中のツアーだったので、朝一で集合場所まで行き、バスに乗ってヴァチカン美術館まで移動。バスを降りた場所はヴァチカン市国の北側の城壁前でした。


Musei Vaticani

Musei Vaticani

10Mを超える城壁にその昔使われていた出口が。出口上部には「Musei Vaticani」の表記とミケランジェロとラファエロの姿がありました。
美術館入り口は城壁に沿って、もう少し東側に進んだあたりでした。開館直後の時間帯とはいえ、個人の入館者はすでに列を作り始めてましたが、ツアー参加だったので列の横を抜けてさほど待たずに館内へ。


Musei Vaticani

バチカン美術館の中庭

入館してすぐに中庭に出ます。芝生の緑とオレンジがかった建物の色がなんとも美しいお庭です。
金色の大きな球体があったり、建物の向こうにサン・ピエトロ大聖堂のドームが見えたり。


Musei Vaticani

Cortile della Pigna

この美術館の中庭はピーニャ(松ぼっくり)の中庭と呼ばれています。半ドームの下にある、巨大な青銅製の松ぼっくりが名前の由来なんだとか。
朝一に入館したとはいえ、結構な人数の見学者がすでにいるのですが、庭が広すぎて人が多いように見えません。


Musei Vaticani

システィーナ礼拝堂の壁画説明

中庭の両側にはいくつも立て看板のようなボードが並んでます。これはすべてシスティーナ礼拝堂の天井画、壁画、祭壇画を説明するためのもの。
礼拝堂内はガイドや撮影すべてが禁止なので、この写真の載ったボードで事前にガイドさんから説明を聞きます。いくつもあるのは、ツアー単位でこのボードを使うためです。


Musei Vaticani
Viale Vaticano, 00165 Rome
Tel : +39 06 69884676
オンラインチケット

2010.01.12 Tue世界一小さな国ヴァチカン

Vatican

Stato della Città del Vaticano


ローマ市内にある世界最小の国ヴァチカン。東京ディズニーランドよりも小さい領土の中にサン・ピエトロ大聖堂、バチカン宮殿、バチカン美術館、サン・ピエトロ広場があります。
このカトリックの総本山とも呼ばれるヴァチカンは、1929年にラテラノ条約によって独立国となり、1984年には国土全域が世界遺産指定を受けました。


Vatican

ヴァチカンの街並み

世界最大級の教会堂、サン・ピエトロ大聖堂が街並みのメイン。
人口も国籍保有者も1,000人に満たない(職員などヴァチカンで働く人全員が国籍を持っているわけでありません)小さな国です。


Vatican

ヴァチカンの城壁

9世紀、サラセン人の侵略に備えて築かれたのがヴァチカン城壁の始まりで、16世紀、17世紀に城郭として強化されたものが現在の城壁になります。
写真はヴァチカンの城壁の中でも、サン・タンジェロ城に繋がる城壁。映画「天使と悪魔」でも登場した秘密の回廊がある城壁です。
歴代の教皇が緊急時の避難路として実際に使用しており、パセット・ディ・ボルゴと呼ばれています。


Vatican

泉(水飲み場)

ヴァチカンだけでなくローマ市内のそこここに噴水と呼ぶ規模のものから、水飲み場程度のものまでたくさんの泉があります。
写真はヴァチカンの城壁のすぐ内側にあった水飲み場。観光客が手を洗ったり喉を潤したりしてました。


Vatican the Holy See
Papal Basilica of Saint Peter - Vatican
General Information: Fax +39.06.698.85518

2010.01.11 Monローマの休日気分でスペイン広場

Piazza di Spagna

観光客で溢れるスペイン広場


地下鉄A線のスパーニャ駅から徒歩1分。右を向いても左を向いても観光客ばかりなのが、ここ、スペイン広場。
映画「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンがこの広場の階段でジェラードを食べていたシーンがとても有名です。(現在は飲食禁止です。あと座るのはOKだけど、寝転がるのはNGなので警官に注意されます。)


Piazza di Spagna

階段の途中から・・・

階段下の広場中心にある舟の噴水(バルカッチャの噴水)がわからないぐらいで人でいっぱい。


Piazza di Spagna

空いている時間帯は、ずばり朝一番

ホテルからも徒歩1分圏内なので、朝一で出掛けてみると、まったくと言って良いほど人がいません。
おかげで広場中心のベルニーニ作「バルカッチャの噴水」を占領して写真撮影なんかもできちゃいます。

ベルニーニ

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ。バロックの時期を代表するイタリアの彫刻家、建築家、画家。
ローマ市内ではたくさんのベルリーニ作品を見ることができます。建築としては、ヴァチカン「サン・ピエトロ広場」、サン・ピエトロ大聖堂「祭壇天蓋(バルダッキーノ)」。彫刻としては、ナヴォーナ広場「四大河の泉」、スペイン広場「バルカッチャの噴水」、ボルゲーゼ美術館「プロセルピナの略奪」、「アポロンとダフネ」など多数。

(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


Piazza di Spagna

昼間の人混みが嘘みたい

撮影した時間は9時前ぐらいです。私達以外の観光客が数組と、ウェディングドレスとタキシード姿の地元カップルが記念撮影しているだけでした。

ちなみにスペイン広場にあるので、スペイン階段などと呼ばれていますが、トリニタ・デイ・モンティ教会へと続くトリニタ・デイ・モンティ階段というのが正式名称です。
また、ローマなのになぜ「スペイン」広場なのかと言うと、17世紀にこの広場に面してスペイン大使館が建てられたのが由来だそうです。


Piazza di Spagna

135段の石段

奥行きのある階段を朝ならゆっくり上れます。
映画「アマルフィ 女神の報酬」では、織田裕二と天海祐希の二人がこの階段を駆け上っているシーンがありましたが、何度も撮り直したんだとか。頭が下がります。歩いて上るのも結構大変なので。


Piazza di Spagna

ガラガラです

スペイン広場から真っ直ぐ続くコンドッティ通りまで見ることができました。
このコンドッティ通り、左右には有名ブランドの路面店が並ぶところ、東京だと銀座か表参道と言ったところでしょうか。


Piazza di Spagna

ローマの街並みの向こうにサン・ピエトロ大聖堂

階段をトリニタ・デイ・モンティ教会まで上るとローマの街並みを一望できます。右斜め前方にヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂を眺めることもでき、なかなかの景色です。

また、階段を上って景色を楽しんだ後は、教会を正面に見て右手側にある公共エレベータで、スパーニャ駅まで戻ることも可能なので、再度階段を下りる必要もありません。


Piazza di Spagna

日暮れからのライトアップ

階段脇の街灯が灯りだすとスペイン広場全体が黄色オレンジの明かりに包まれて、また魅力的です。
但し、人混みは昼間よりも一層増えるので、ゆっくり楽しむという訳にはいきませんが…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。