ハニー活動日誌

Home > 海外活動:香港編

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.18 Wed香港と言えば飲茶 飲茶を堪能

飲茶

とりあえず飲茶


いろんな種類の味が楽しめる飲茶は食事代わりに本当に便利です。今回の旅でも、食事時間となると、とりあえず飲茶っという感じでした。すごく自然に。
一皿あたりの量が多くないので、食欲に合わせて調整できるのも魅力だし、数人で取り分ければさらにいろんな種類を食べることが出来ます。上の写真↑は宿泊したイートン・ホテルのレストランで食べた飲茶


飲茶

香港一の飲茶の名店で夜も飲茶


こちらは1927年創業の老舗、陸羽茶室(Luk Yu Tea House)、地元の常連客が多いというレトロな名店です。
一人で飲茶を食べるのは大変だけど、3人もいるといろいろなものにチャレンジできて楽しいです。香港に行く際は、一人旅ではなく友達や家族と一緒がオススメです。


飲茶

最後の最後まで やっぱり飲茶


空港のレストランで食べた、香港最後の食事もやっぱり飲茶でした。
ちなみに日本でも有名な糖朝でも飲茶を食べましたが、3人して食べるのに夢中になり過ぎてしまい、写真を撮り忘れてしまったのが悔やまれます。


マンゴープリン

魅惑のマンゴープリン


飲茶も種類が多いですが、デザートの種類もとっても豊富。そんな中でも絶対外さないのがマンゴープリン(芒果布甸)。どのお店で食べても本当に美味しいです。
上の写真↑は空港のレストランで食べたもの。


ココナッツタピオカ

香港スイーツでは外せないココナッツタピオカ


女人街のスイーツ専門店で食べた、マンゴ果肉入りのココナッツタピオカ(椰汁芒果西米露)。マンゴープリンの次に外せないのが、このモチモチした食感のココナッツタピオカです。


スイーツいろいろ

糖朝のスイーツいろいろ


糖朝で唯一、写真を撮っていたのはスイーツでした。 手前は豆腐花の黒ごま汁粉(豆腐花芝麻糊)、右奥がサッマイモ入り生姜湯(金黄蕃薯糖水)、左奥がマンゴープリン。
この、右奥のサッマイモ入りしょうが湯(金黄蕃薯糖水)が思いのほか、美味でした。食べた後は身体もポカポカになるし、冬場に食べたいデザートです。


糖朝(The Sweet Dynasty)
Ground Floor, 88 Canton Road, Tsimshatsui, Kln, Hongkong
Tel : (852) 2199 7799 / (852) 2199 7788
スポンサーサイト

2008.06.17 Tue香港のアフタヌーン・ティー

アフタヌーン・ティー

中国茶で楽しむアフタヌーン・ティー


香港島の中環(セントラル)駅近くにあるChina Tee Club(チャイナ・ティー・クラブ)では、2段トレーの英国式アフタヌーン・ティーがなんと中国茶でも楽しめます。
もちろん、紅茶やコーヒーにすることもできますが、中国茶でいただけるのは香港ならではなので、ぜひ中国茶でトライしてみてください。思いの外、スコーンやケーキに合うので、美味しくいただけますよ。


アフタヌーン・ティー

お茶うけ付きの中国茶


私はプーアルをオーダーしました。アフタヌーン・ティーのセットなので、スコーンやケーキが別にくるというのに、マカオ名物の杏仁餅がお茶うけとして付いていて、何だか得した気分です。


チャイナ・ティー・クラブ

店内はコロニアルなインテリア


このティー・ルームは上海灘(Shanghai Tang)が入ってるPedder Buildingにあり、ショッピングの合間の休憩にも非常に便利な立地です。
ただし、ビルの入り口がわかりにくく、ティー・ルーム自体も2階にあるので、探すのが大変なのが難点。しかし、わかりにくいだけあって、逆に静かな雰囲気を味わえるという利点もあります。
ティー・ルームは天井が高く、シックで落ち着いた内装で、街中の喧騒を一時忘れさせてくれます。


China Tee Club
101 Pedder Building, 12 Pedder Street, Central, Hongkong
Tel : +852 2521 0233
Hours : am 11:30 - pm 20:00 / Holiday : Sunday, Public Holiday

2008.06.15 Sun100万ドルの夜景 香港の摩天楼

ピークトラム

トラムでビクトリア・ピークへ


香港と言えば、香港島のビクトリア・ピークからの夜景を外すわけにはいきません。

まずは日が暮れる前に、中環(セントラル)の花園道(ガーデンロード)にあるピークトラムの駅に向かいます。ここからトラムに乗って約8分、ビクトリア・ピークに辿り着きます。


ピークトラム

高層マンションの脇をすり抜けて


ピークに向かうトラムは、乱立する高層マンションのすぐ脇をすり抜けるように上っていきます。
高級住宅街でもあるので、トラムから見えるマンションのお部屋はどれもリッチな雰囲気。


ピークトラム

ノンストップで山頂へ


高層マンション群をぬけると、急な傾斜の緑の中をトラムはさらに上っていきます。


ラマ島

ピークからのもう一つのパノラマ


ピークに到着して、まだ日が暮れていない時間であれば、九龍半島とは反対側の景色も楽しめます。
もちろん、ピークから九龍半島側の景色が有名なわけなのですが、山頂だけあって、視界を遮るもののないパノラマは一見の価値ありです。

九龍半島側の高層ビル・マンション群とはうって変わって、ラマ島を望む景色はのどかなリゾート地のような雰囲気で、同じ香港とはちょっと思えません。


天使の梯子

香港の「天使の梯子」


夜景観光にピークへ向かった日は、あいにくの雨模様の曇り空でした。
そんなアンラッキーな天候を少し残念に思っていたところ、夕暮れ時に「天使の梯子」が出現!ラッキーにもとても間近で、この「天使の梯子」を見ることができたのです。

※天使の梯子とは

天使の梯子(てんしのはしご)(Angel's Ladder, Jacob's Ladder, crepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光が光線状に地上へ降り注いで見える現象。チンダル現象の一種と考えられる。天使のはしごと表記されることも多いほか、天使の階段、ヤコブの梯子、レンブラント光線などとも呼ばれる。おもに地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られる。

(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


100万ドルの夜景

雨にけぶる夜景


日が暮れて、ついに雨が降り出してしまったため、ピークタワー(山頂にあるモール)内のカフェでコーヒーを飲みながら、ゆっくりと夜景を眺めました。


100万ドルの夜景

ネオンと霧雨で不思議な色合いに


次々と街中の明かりが灯っていくと、なかなかセクシーな色の競演になりました。
案外、天気の良い日の夜景より、雨に濡れてしっとりした夜景の方がきれいなのかもしれませんね。


100万ドルの夜景

雨があがった後は・・・


運良く途中で雨があがったので、カフェを後にして、外で夜景を撮影。
香港に来る観光客の90%が訪れるというだけあって、撮影スポットには人がいっぱいで写真を撮るのは一苦労でした。


[PR] 香港のオプショナルツアー
オンライン予約で簡単手配♪ビクトリア・ピークで夜景を眺めるツアーはもちろん、オープントップバスでの観光やマカオ日帰りなどなど。

2008.06.13 Fri「東洋の貴婦人」 ペニンシュラ・ホテル

ペニンシュラ・ホテル

ラウンジでティータイムを楽しむ


残念ながら泊まったわけではありません。
尖沙咀の「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」を見に行った途中、大雨に降られてしまい、びしょ濡れになった私達が取り急ぎ着替えを購入して、休憩に立ち寄ったのが香港のラグジャリーホテル「ペニンシュラ」でした。

ペニンシュラは1920年代に誕生し、「東洋の貴婦人」とも呼ばれる最高級のホテル。この1階のラウンジ「ザ・ロビー」のアフタヌーン・ティーはとても有名です。
私達はというと、この「ザ・ロビー」で、英国でいうところのイレブンジス(午前の紅茶)としてミルクティーを楽しみつつ、高級ホテルに泊まるリッチな観光客やビジネス利用の香港エグゼクティブたちを観察しました。


ペニンシュラ・ホテル

素敵なティーセット


上品なティーセットでサービスされる紅茶は、ホテルのアーケードにあるショップで購入可能です。紅茶以外にもチョコやクッキー、ホテルのロゴが入ったグッズもあってお土産としても便利。
訪れたのが午前中でなければアフタヌーン・ティーを楽しみたかったのですが、次回の香港旅の楽しみにとっておきたいと思います。


The Peninsula Hong Kong
Salisbury Road, Kowloon, Hong Kong, SAR
Tel : +852 2920 2888 / Room Reservations : +852 2910 1628

2008.06.11 Wed香港映画スターの手形が並ぶ 星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)

星光大道

香港映画スターの手形 梁 朝偉(トニー・レオン)


九龍半島側の海沿い、尖沙咀のプロムナードにある「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」。
ここは、アメリカ・ロサンゼルスにある、ハリウッドスターの手形とサインが並ぶ、チャイニーズシアター前のウォーク・オブ・フェイムを真似て、香港映画界のスター達の手形がそこここに敷かれています。
写真のトニー・レオンの他に、ジェット・リーやアンディー・ラウなど、香港映画に疎い私でも知っている有名スターはもれなくラインナップされていました。


星光大道

香港映画スターの手形 李連杰(ジェット・リー)


こちらはジェット・リー。
実を言うと、ジェット・リーの手形に自分の手を合わせてみたりしました。普段はミーハーじゃなくても、目の前に手形があったら、自分と比べてみたくなるわけです。
お目当ての俳優さんがいてもいなくても、結構楽しめる場所です。


星光大道

香港島の眺め1


また、星光大道は対岸の香港島を写真に収めるには最適なスポットでもあります。
スターの手形を写真に収めたら、次は香港島をバックに写真を撮るというのが定番のようです。


星光大道

香港島の眺め2


上の写真↑のような乱立するビル群を写した香港の風景は見覚えのある人も多いと思います。夜景以外にも抑えておきたい場所のひとつです。

ちなみに、私達はこの写真を撮影した後、急な天候の変化で土砂降りの雨に見舞われました。
雨宿りする場所が少ないので、天気には気をつけたいものです。(たまたま建物の近くにいた私を除いて、同行の2人はずぶ濡れになりました…)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。