ハニー活動日誌

Home > 2008年05月14日

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.14 Wedウブド王宮で伝統舞踊

ウブド王宮で伝統舞踊

魅惑のレゴンダンス


予定していたケチャダンスが当日になって開催されないことがわかり(チケット制ではないので急に開催されないこともあるみたいです)、急遽、代わりにウブド王宮でレゴンダンスとバロンダンスを堪能しました。
レゴンダンスはランケサリ王女の物語で若い乙女が主役の宮廷舞踊です。
入り口で、物語の大まかな説明を書いた紙が配られますが、私がもらったのは英語のみだったので、事前にある程度の知識を入れておくと、より楽しめると思います。


ウブド王宮で伝統舞踊

奉納の舞 バロンダンス


バロンとランダとの終焉のない戦いの物語、バロンダンス。
インドの大叙事詩「マハーバーラタ」をモチーフにした、善と悪、生と死、聖と邪の深遠なテーマの踊り。

ガムランの幻想的な音色に包まれての観劇は、ぜひ一度は体験したいもの。オススメです。



ウブド王宮で伝統舞踊

ウブド王宮


伝統舞踊を鑑賞したのは夜でしたが、昼間の王宮はこんな感じです。
夜の王宮が見せる、ほの暗い明かりの中の幻想的な雰囲気とガムランの音色とは一変して、光が溢れ、ただただ静かな場所。実際、一瞬、同じ場所かと思うぐらいです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。