ハニー活動日誌

Home > 2008年06月30日

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.30 Mon知名度も人気も高い オルセー美術館

オルセー美術館

元駅舎という広い空間を再利用


セーヌ川を挟んで、ルーブル美術館の対岸にあるオルセー美術館は、オルレアン鉄道の長距離列車用ターミナルだった建物を、ホームの吹き抜けを活かしたまま美術館にリノベーションしたことで有名です。
19世紀美術専門で、印象派の絵画を多く所蔵していることでも人気が高く、朝一番、開館前に到着しても↑この行列です。


オルセー美術館

ターミナル駅オルセーの面影 名物の大時計


プラットフォームで時刻を知らせていたこの大時計もリノベーションの際に残されたもの。展示されている所蔵品だけでなく、美術館の建物自体も一見の価値ありです。


オルセー美術館

出発を待つ列車が並んでいたプラットフォームの全容


1階部分では絵画、彫刻が、2階部分には19世紀の写真、グラフィック・アート、家具、工芸品などがメインで展示されています。
この他にオススメなのは、1階奥のスペースにあるオペラ・ガルニエの断面模型。
舞台や客席だけでなく、舞台裏や地下までの細部に渡って再現されていて、実際のオペラ・ガルニエ見学では見られない場所までこの断面模型で見ることができます。
オペラ・ガルニエを見学した後にオルセーで断面模型を見ると、その規模が非常にわかりやすいです。写真を撮り忘れたのがつくづく残念ですが、とてもオススメですよ。


オルセー美術館

『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』 オーギュスト・ルノワール


パリのモンマルトルにあったダンスホール、『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』を描いた作品。
陽気にダンスやおしゃべりを楽しむ当時のパリの若者たちが描かれています。


オルセー美術館

『自画像』 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ


41枚もの自画像を描いたゴッホ。その内の1枚として有名な自画像がオルセー美術館に所蔵されています。
オーディオガイドによると「自画像を描くというのは自分自身と向き合うこと。自分自身を知らなければ良い自画像は描くことができない。自画像を描くことは一番難しいことなのだ。」と、ゴッホが語っていたそうです。
そのせいなのか、どこか苦しげな表情に見えました。


オルセー美術館

『オランピア』 エドゥアール・マネ


女神やニンフではなく、当時のフランス女性の裸婦像を描いたために、大きなスキャンダルとして反感を買ってしまったマネの『オランピア』。
どこか気だるげな表情がなんとも魅力で、好きな作品です。


Musée d'Orsay
62 rue de Lille 75007 Paris
Tel : +33 (0)1 40 49 48 14
パリ・ミュージアム・パスで入場できます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。