ハニー活動日誌

Home > 2008年08月12日

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.12 Tueパリの乗り物エトセトラ

パリの乗り物エトセトラ

14号線まである、便利なパリのメトロ


写真は1号線と7号線が通る、Palais Royal - Musée du Louvre(パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル)駅。
1900年開業と、すでに100年以上もの歴史を持つ駅で、ルーヴル美術館と直接繋がっているので多くの観光客が利用しています。

パリのメトロ(Métro de Paris)はパリ市内と一部郊外への路線があり、3回目のパリ万博にあわせて開通した1号線(1900年)から、自動制御で無人運転する新しい14号線(1998年)まであります。パリ市内をくまなくメトロが通っているので、非常に便利です。
また、全線1.5ユーロ均一(PERに乗り入れている線は別途料金あり)で乗ることができるので、切符の買い方もいたってシンプル。移動手段としてわかりやすく便利なので、観光客の強い味方です。


パリの乗り物エトセトラ

観光名所を巡るオープントップ・バス


日本語のオーディオガイドの付いた2階建てのオープントップ・バスは、市内の主要観光箇所を回ってくれます。1日券や2日券など、期間での乗り放題チケット形式です。
メトロ移動ではパリの中心部を地下で移動となりますが、オープントップ・バスは車窓からパリの街並みも楽しめます。

私が利用したのは、路線が少ないコンパクトなカー・ルージュ。2日券のみのチケットを車内販売しているので、すぐに利用できるのが魅力です。9箇所を2時間ちょっとで一周するコンパクトさなので、料金が他に比べてちょっぴりお安い。


パリの乗り物エトセトラ

セーヌ川からパリの街並みを 遊覧船クルーズ


街の中心から見学 セーヌ川遊覧船」でも紹介したBateaux Vedettes du Pont Neufのクルーズ。
セーヌ川からのんびりとパリの街並みを楽しむことができます。


パリの乗り物エトセトラ

パリの中心部はいつでも大混雑


こちらはコンコルド広場での大渋滞の模様。
渋滞の中にはパトカーも巻き込まれていたりして、車を観察するには面白いです。狭い道が多いせいなのか、コンパクトカーが人気で、日本車も見かけましたが、ダイムラークライスラーのsmartを一番多く見かけました。


地下鉄もバスも船も、それぞれ良いところがあるので、気分や目的に合わせて使い分けると、パリの観光も2倍楽しめるのではと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。