ハニー活動日誌

Home > 2008年10月14日

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.14 Tueさまざまな建築様式が混ざり合った、静謐な美しさ

モン・サン=ミシェル

修道院の教会堂


テラスから修道院の教会堂へ。
天井が高いところは他の教会と変わりませんが、全体的に色彩が非常にシンプルです。どこか冷たい印象があるのですが、華美ではない静謐な美しさが敬虔な気持ちにさせます。

祭壇のある部分はゴシック様式、写真はありませんが教会堂の西側、入り口部分はロマネスク様式になっています。これはロマネスク様式で作られていた祭壇部分が陥没して失われ、再建された際にゴシック様式となったためです。
教会堂をはじめ修道院自体も、増築や改築でさまざまな建築様式が混ざり合った作りになっています。


モン・サン=ミシェル

光溢れる祭壇


暖かな日差しが差し込む祭壇は非常に簡素です。キリスト像もマリア像もなく、私が訪れた時には十字架すら置かれていませんでした。


モン・サン=ミシェル

細かな文様が美しい、教会堂の窓ガラス


モン・サン=ミシェルの教会堂にはステンドグラスがありません。
ステンドグラスは聖書の文字が読めない大衆のために、キリスト教を判り易くしたガラス絵です。大きな教会のステンドグラスに聖書の物語が描かれているのはこのため。モン・サン=ミシェルの修道士達には必要のないものなので、ステンドグラスではなく細かい文様の窓ガラスになっています。


モン・サン=ミシェル

光の降り注ぐ中庭は、天国を象徴する空中庭園


瞑想の回廊と呼ばれる、屋根付きの回廊が周りを囲む、四角い中庭です。

修道院の最上階にあるので、空がとても近く、説明がなくても一目で天国を象徴していることがわかります。


モン・サン=ミシェル

127本の石柱


空中庭園を囲んで整然と並ぶ石柱は全部で127本あり、1本1本はシンプルですが、壮観で美しいです。

モン・サン=ミシェル

瞑想の回廊


修道士達が瞑想をしながら歩くための回廊で、雨をしのぐ板張りの屋根がついています。


モン・サン=ミシェル

たくさんの光が差し込む食堂


ここは瞑想の回廊の東側にあり、使用していた当時はテーブルは真ん中ではなく壁側にテーブルがあり、修道士は、相互の視線を避けるために、壁に向かって食事をしたそうです。
また食事は神聖な儀式とされ、食事中は沈黙を守ることを求められたとか。


モン・サン=ミシェル

王侯貴族のための貴賓室


清貧をモットーとする修道院でも、巡礼に訪れる王侯貴族のために部屋を用意していたそうです。内装自体は他と大きく変わらないものの、他の部屋と違って暖炉があるので部屋を暖めることができます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。