ハニー活動日誌

Home > 2010年05月12日

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.12 Wed煌びやかな地図のギャラリー、そしてシスティーナ礼拝堂

(1)広大なヴァチカン美術館
(2)ローマ法王の様々なコレクション、ヴァチカン美術館
(3)煌びやかな地図のギャラリー、そしてシスティーナ礼拝堂
(4)聖堂の中の聖堂、サン・ピエトロ大聖堂
(5)サン・ピエトロ広場とスイス衛兵
Musei Vaticani

地図のギャラリー

パリのルーブル美術館にある「アポロン・ギャラリー」やヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」に匹敵する豪華絢爛さ。
16世紀、グレゴリオ13世が描かせた地形図約40点が展示されている、全長120Mもの長い回廊です。


Musei Vaticani

フレスコ画の地図

イタリアの各地方のかなり正確な地形図が並んでます。写真の地形図は長靴の形をしたイタリアの爪先部分にあたるカラブリア地方の地図です。


Musei Vaticani

壮麗な天井

地図のギャラリーの天井は本当に煌びやか。
絵画や彫刻がびっしりと装飾されていて、地図を観るか、天井を観るか、と思い悩んでいる間にツアーのため、どんどん進まざるえなかったのが残念です…。

ツアーは効率的ですが、ヴァチカン美術館をくまなく観て回りたかったら、個人で訪れることをオススメします。日本語のオーディオガイドがあるそうなので、パスポートを忘れずに持っていくと借りられます。


システィーナ礼拝堂

美術館見学後は、いよいよシスティーナ礼拝堂内に入ります。内部はガイド禁止なので、中庭で説明を受けた壁画の説明を思い出しながらの見学です。もちろん撮影も禁止なので、残念ながら写真はありません。

薄暗いシスティーナ礼拝堂内はたくさんの見学者でいっぱい。
大きな声で話すのは禁じられているものの、人が多いので、小さな話し声がざわめきを作り、静寂とは程遠いのが少し残念です。

システィーナ礼拝堂の祭壇一面に描かれたフレスコ画、ミケランジェロの「最後の審判」がメインですが、その他にも天井画や壁画など、時間が経つのを忘れてしまうほど見るべきものが多いです。見上げっぱなしなので、首が痛くなってきてしまうのが唯一の難点でしょうか。


Musei Vaticani

Scala Regia

システィーナ礼拝堂を出てすぐのこの階段。名前はScala Regia(スカラ・レジア)。王の階段と呼ばれています。
ベルニーニ設計のバロック建築で、上(奥)に行くほど階段幅が狭くなっている、まるで舞台装置のような階段。

この階段を下りて、外に出るとサン・ピエトロ大聖堂の脇に出ます。次はいよいよサン・ピエトロ大聖堂です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。