ハニー活動日誌

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外活動:ロンドン編 > ロンドンのパン屋さん

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.29 Thuロンドンのパン屋さん

ロンドンのパン屋さん

ロンドンでもフレンチが人気?!


日本でも最近、美味しいパン屋さんを求める人、増えていますよね。
パンに関する雑誌の特集やグルメ本など、本屋でよく見かけるようになりました。

パン食が普通の文化圏でも、やっぱり美味しいパン屋さんは大人気なわけですが、友人に連れて行ってもらったオススメの店はフランス系のパン屋さん。リージェント・パークに近い友人宅のご近所にあります。

バゲットをはじめドーナツやデニッシュ・ペストリーの種類も豊富で、どれもこれも美味しいそうです。

ロンドンのパン屋さん

意外にも、もともとロンドンは街中のパン屋さん(専門店)自体が少ないそうで、スーパー内のベーカリーというのが普通みたいです。
そのせいか、街中のパン屋さんはフランス系のところが多いんだとか。パリが本店のPAULも行列が出来るぐらい大人気だそうですよ。


ロンドンのパン屋さん

美味しそうなペストリーが並ぶ


甘い香りのドーナツやデニッシュ・ペストリーなど、さまざまな菓子パンが並んでいて、見ているだけでヨダレがたれそうなぐらい。

※デニッシュ・ペストリーとは

デニッシュ(Danish)とは、パンの一種。一般に、渦を巻いたような形が特徴。
「デニッシュ・ペストリー」つまり「デンマークのパン」と呼ばれている。同様にフランス語では「ガトー・ダノワ」(デンマーク風菓子)、ドイツ語では「デニッシャー・プルンダー」(デンマークのパン)とデンマーク由来の名称で呼ばれる。
デンマークのパン職人が、酪農王国ならではのバターや鶏卵をたっぷり使ってサクサクとした食感の生地に改良した。 クロワッサンのようなバターを何層にも折り込んだパン生地に、フィリングとコーティングやトッピングを組み合わせ、様々な種類を作ることができる。 生地はクロワッサンに似ている。だが、クロワッサンと同生地を使っている店と、別生地を使っている店があり、一概に同じとは言えない。

(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


ロンドンのフレンチ・カフェ

カフェもフレンチならハズレが少ない?!


リージェント・パークに面したフレンチ・カフェCAFE ROUGEで滞在中に一度朝食をいただきました。
クロックマダムとカフェオレを頼んだのですが、普通に美味しかったです。朝食からディナータイムまでオープンしてるので、なかなか便利なカフェだと思います。

普通のカフェよりお値段が高めだそうですが、友人いわく、カフェもフレンチならハズレが少ないんだそうです。
もちろん、ロンドンの美味しいカフェやレストランもいっぱいあるのですが、事前にちゃんと調べて、必要なら予約しないと!ってことみたいですよ。
観光の合間にふらっと立ち寄るのであれば、フレンチ・カフェがオススメなんだとか。


Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。