ハニー活動日誌

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 書籍レビュー(旅関連) > イギリスでお茶を

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.04 Wedイギリスでお茶を

イギリスでお茶を

著者: 小関由美
出版社: 主婦の友社


「スコーン&クロテッドクリーム&アフタヌーンティー、おいしい旅へ」

コッツウォルズ、デヴォン&コーンウォール、ヘレフォード、ロンドンと各地のティーハウスやティールームを紹介しています。
お店やホテルの紹介だけに留まらず、クロテッドクリームの作り方やスコーンやイギリス家庭料理のレシピ、イギリスで初生産されたトレゴスナンの茶園など、お茶と食にまつわる細かな紹介も楽しく、見た目にも美味しい一冊です。

ロンドンで流行中だというアフタヌーン・ティーは、ブラウンスやサヴォイの、高級ホテルでの優雅なアフタヌーン・ティーが紹介されている。

※アフタヌーン・ティーの由来

19世紀にベッドフォード公爵夫人によって始められたとされる。 英国おいてこのような慣習が始まったのは女性向けの社交の場としてと、もうひとつ、日本においては一般的に夕食時間とされる時間帯(19~21時)は観劇やオペラ鑑賞、夜の社交などにあてられ、夕食は21時以降になる為、事前の腹ごしらえとしての意味がある。

(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。