ハニー活動日誌

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 書籍レビュー(その他) > イギリス英語はおもしろい

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.05 Thuイギリス英語はおもしろい

イギリス英語はおもしろい

著者: 大杉正明
出版社: ディーエイチシー


短期間でもアメリカやカナダで英語を学んだ私としては、イギリス英語は初めて、ということで2000年に購入したのがこの本でした。1999年初版なので、すでに古い情報とも言えますが、アメリカなどとの表現の違いを知るきっかけには十分だと思います。

たとえば、「お勘定」を表すBill(イギリス)とCheck(アメリカ)、「たぶん。かもしれない。」を表すPerhaps(イギリス)とMaybe(アメリカ)など。同じ意味で違う表現があることに、勉強として学んだ時には面倒だなぁなどと思っていました。けれど、アメリカでは確かにCheckもMaybeばかりを使っていたと、この本を読んで初めて気づかされました。

また、よくよく読んでみると、確かにアメリカではあまり使わなかったけれど、ニュージーランドではこの表現使ったなーなどと思う言葉もあり、複数の英語圏で過ごしたことのある人には面白い一冊だと思います。
いろんな国に行ってみたいと思う人にはオススメです。

※残念ながら英語をマスターしているほどの語学力は私にはありませんが、アメリカで半年、カナダとニュージーランドでそれぞれ一ヶ月ほど生活した経験があります。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。