ハニー活動日誌

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外活動:パリ編 > 家族で行くならキッチン付きのお部屋がオススメ

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.21 Sat家族で行くならキッチン付きのお部屋がオススメ

HOTEL LE RELAIS DU LOUVRE

ルーブル美術館が目の前、素敵なプチホテル


2006年のホテルの写真がなかったので、2007年に宿泊したホテルをご紹介します。
目の前がルーブル美術館、近くにあるポン・ヌフを渡ってシテ島やサンジェルマンも徒歩圏内という好立地なHOTEL LE RELAIS DU LOUVRE
手配するにあたって、父の希望は「バスタブ付き」、母の希望は「キッチン付き」、娘の私は利便性を重視、という、かなり我がままなリクエストを叶えてくれたのが、このホテルです。


HOTEL LE RELAIS DU LOUVRE

最上階のアパートメント


HOTEL LE RELAIS DU LOUVREは最上階の1室のみがアパートメントタイプとなっていて、リビングと寝室、キッチンがあります。
(他のお部屋にはキッチンは付いていませんので、ご予約の際は指定しましょう)
通常は2人用のお部屋なので、エキストラベッドとして、リビングのソファを使ってお泊りしました。(もちろんベッドメイクしてもらえます)

こちら↑はリビングルームの暖炉。夏場だったので使用しませんでしたが、普通のアパートメントのような雰囲気がたっぷりです。


HOTEL LE RELAIS DU LOUVRE

寝室内にバスタブが!


面白かったのは、寝室内にバスタブがあったこと。このバスタブとは別にシャワールームとトイレがあります。
バスタブはそれこそ身体を温めるには最適ですが、身体を洗うには適していません。このため、バスタブにお湯をはっている間に別室のシャワーで髪と身体を洗い、バスタブに戻るという入り方になります。
バスルーム内にバスタブと別にシャワーブースがあるというのは、何度か経験してますが、ここまで完璧に別になってるのは初めてで、ベッドで寛ぐ母を見ながらお風呂に入るという面白い経験をしました。


HOTEL LE RELAIS DU LOUVRE

屋根裏部屋のような雰囲気


寝室の窓際は、屋根の形に合わせて壁が斜めになっていて、同じように斜めになった窓からルーブル美術館を望むことができます。何だか屋根裏部屋からの眺めのようです。


HOTEL LE RELAIS DU LOUVRE

小さくて可愛い中庭


こちらはリビングやキッチンの窓から見える、ホテルの小さな中庭。ホテルの1階からこの中庭に出る場所がわからなかったので、写真のように部屋から眺めただけですが、シンプルながらもお花や緑で飾られたセンスの良い、可愛い中庭でした。


HOTEL LE RELAIS DU LOUVRE
19, rue des Prêtres St-Germain l'Auxerrois - 75001 Paris
Tel : +33 (0)1 40 41 96 42

2006年に宿泊したのは、パリのメインであるリヴォリ通りから一歩入った、コンコルド広場近くの4つ星ホテル、Hotel Mayfairでした。
自分で撮った写真がないので簡単なご紹介だけにしますが、外観もお部屋もクラッシックで素敵なプチホテルでした。加えて、メトロの3つの路線が交わるコンコルド駅が近く、非常に便利な立地です。

リヴォリ通りに面したチェイルリー公園でのお散歩も気持ちよいし、公園と逆方面に向かうと、ショッピングに便利なサントノーレ通りに出ることができるので、お買い物も楽しみたい人にはピッタリ。
Hotel Mayfairもオススメです。


Hotel Mayfair
3, rue Rouget de Lisle - 75001 Paris
Tel : +33 (0)1 42 60 38 14

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。