ハニー活動日誌

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外活動:パリ編 > 街の中心から見学 セーヌ川遊覧船

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.05 Sat街の中心から見学 セーヌ川遊覧船

セーヌ川遊覧

セーヌ川遊覧 ノートルダム大聖堂


シテ島から乗船できるセーヌ側遊覧は、クルーズと違って予約なしでOKなので観光途中にふらっと乗ることができます。発着場はポン・ヌフ橋を渡ってシテ島に着いたところにあります。

フランス語と英語でセーヌ側から望むパリについてガイドをしてくれます。残念ながら日本語のガイドはないので、聞き取れない部分があったりもしますが、のんびり街並みを見るには最適です。
ポン・マリ橋の下で願い事をすると叶う、なんていうロマンチックな言い伝えがあったりして、ガイドブックには載ってないような話も聞けます。


セーヌ川遊覧

オルセー美術館


セーヌ川からは、駅舎をリノベーションしたオルセー美術館の外観全体を見ることができます。


アレクサンドル3世橋

アレクサンドル3世橋


セーヌ川遊覧の一番の見所は、パリ市内に架かる主要な橋をじっくり見ることができるところ。一番見応えがあるのは、このアレクサンドル3世橋でしょう。
サディ・カルノー大統領と皇帝アレクサンドル3世の間に結ばれた友好の証として、ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世に寄贈された橋だそうです。
アールヌーヴォーの街灯、天使やニンフの像、ペガサスといった華麗な装飾が特徴で、パリで一番優美な橋と言えます。


サン・ルイ島

高級住宅地 サン・ルイ島


パリの高級住宅地は他にもいろいろありますが、シテ島のお隣、サン・ルイ島が世界的にも一番メジャーだと思います。サン・ルイ島のアパルトマンを買う、もしくは借りるには、ものすごいお金がかかるのだとか。17、18世紀に建てられた美しい建物が残る、パリの中心でも素敵な街並みです。



コンシェルジュリー

シテ島 コンシェルジュリー


コンシェルジュリーはもともとフィリップ4世の宮殿で、14世紀後半から牢獄として使われ始めたのだそう。フランス革命の際に王妃マリー・アントワネットが処刑前に過ごした場所としても有名。
コンシェルジュリーの中を見学したことはありませんが、マリー・アントワネットがいた独房を再現しているそうです。


セーヌ川 船上レストラン

船上レストラン


遊覧中に見かけた船上レストラン。川べりに停められた船の上でのランチは、天気が良ければぜひ体験してみたいです。


船で暮らす人々

船で暮らす人々


こちらは生活感あふれる住居用の船。以前、テレビの特集で、オフィスとして船を利用しているデザイン制作の会社も紹介されてました。船の場合、住所ってどんな風に登録されるのでしょうか。不思議です。


Bateaux Vedettes du Pont Neuf
Square du Vert Galant 75001 Paris
Tel : +33 (0)1 46 33 98 38

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。