ハニー活動日誌

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外活動:パリ編 > 王宮の庭園をお散歩 パレ・ロワイヤル

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.24 Thu王宮の庭園をお散歩 パレ・ロワイヤル

パレ・ロワイヤル

不思議な空間、中庭広場


ここパレ・ロワイヤルの中庭広場には、1986年に完成したダニエル・ビュラン作の白黒のストライプ模様の260本の円柱や、ポール・ビュリイ作のシルバーの球体が集まった噴水があります。
1643年から王宮として使われていた歴史ある建物の中庭に、現代芸術が紛れ込んでいるような不思議な風景です。

パリのメインストリートであるリヴォリ通りを挟んで、ルーブル美術館の向かい側にあるので、一休みする観光客やパリジャン達が憩う場所のようです。
リヴォリ通りに面した入り口からは想像できないぐらい、奥行きのある広い場所で、王宮の建物が回廊のように、中庭を取り囲んでいます。


パレ・ロワイヤル

広場の奥、シンメトリーな中庭


きれいに整えられた中庭は、シンメトリーの調和が非常に美しく、まるで木々の回廊のようです。


パレ・ロワイヤル

夏の日差しを和らげる、木々の回廊


この木々の回廊は私のお気に入りのひとつです。
観光やショッピングに一生懸命になり過ぎると疲れてしまうものですが、ここに来ると不思議とゆったりした気持ちになれます。
大きな公園ももちろん素敵なのですが、大きすぎて歩き疲れてしまう時もあり、私にはパレ・ロワイヤルの中庭ぐらいの規模が丁度良いようです。


パレ・ロワイヤル

L'OCCITANE ハーブ・ガーデン


2006年に訪れた時、広場と中庭の間で、L'OCCITANEのハーブ・ガーデンのイベントをやっていました。
エッセンシャルオイルや天然の材料を原料にこだわるL'OCCITANEらしいイベントで、材料や原料に使用しているハーブのお庭が作られていて、心落ち着く香りが広がっていました。


パレ・ロワイヤル

L'OCCITANE 4種のバラ


私の大好きなシリーズ、「ローズ」。このシリーズで使われている、グラースローズ、ブルガリアンローズ、モロッコローズ、ターキッシュローズの4種類もガーデンの中にいました。優しい色合いと華やかな香りで、なんだか幸せ気分になれます。

イベントをこまめに開催しているかどうかは謎ですが、パレ・ロワイヤル内のカフェでティータイム休憩をしたり、中庭をお散歩したり、パリの日常を味わうのも楽しいです。


Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。