ハニー活動日誌

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外活動:パリ編 > しっとりとパリらしい サン・ジェルマン・デ・プレ

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.01 Friしっとりとパリらしい サン・ジェルマン・デ・プレ

サン・ジェルマン・デ・プレ

サンジェルマンの中心地 サン・ジェルマン・デ・プレ教会


パリでは数少ないロマネスク様式の残る、小さくて可愛いサン・ジェルマン・デ・プレ教会。鐘楼はパリ最古のもので、6世紀頃に修道院付属教会として発祥した由緒ある教会です。
この教会を中心とした、セーヌ左岸の地域がサンジェルマン地区、サン・ジェルマン・デ・プレと呼ばれています。
サンジェルマン地区は17世紀から19世紀にかけては、貴族の邸宅が多く集まっていましたが、1930年代以降、夜の繁華街やカフェ、学生街へと変わり、今は有名ブランド店が多く建ち並ぶようになりました。

また、サン・ジェルマン・デ・プレは現在も有名なカフェが多く集まる場所で、ドゥー・マゴやカフェ・ド・フロールをはじめ、ラデュレクスミティーなどがあります。ビストロも多いので、宿泊したホテルからセーヌ川を渡って、よく食事に行きました。


サン・ジェルマン・デ・プレ

日常の祈りを感じるサン・ジェルマン・デ・プレ教会


観光客があまり多くないのに加え、地元の人が静かに祈りを捧げる姿を見ることができます。
教会内も外観と同様、決して派手ではありませんが、長い歴史の間に培われた重厚で厳かな空気に包まれていて、足を踏み入れると自然と敬虔な気持ちになります。
サン・ジェルマン・デ・プレの名前の由来は、教会が発祥した6世紀にさかのぼります。当時はまだ野原だった場所に修道院が建てられ、その後、ここにパリの司教ジェルマンが葬られたため、サン・ジェルマン・デ・プレ(原野の聖ジェルマン)となったそうです。


サン・ジェルマン・デ・プレ

芸術家達のサロン LES DEUX MAGOTS PARIS


1885年、教会のあるサン・ジェルマン・デ・プレ広場に創業したレ・ドゥー・マゴ。
ドゥー・マゴとは2つの人形という意味で、 2つの中国人形が店内に飾られたことからこの名前になったそうです。由来となった人形は今でも店内に飾られています。
LES DEUX MAGOTS PARISはヴェルレーヌやランボーを始め、ピカソ、ヘミングウェイ、サルトル、ボーヴォワールといった多くの文豪、芸術家が集まったカフェです。
1933年に設立されたレ・ドゥー・マゴ賞は、現在も権威ある文学賞だそうです。


サン・ジェルマン・デ・プレ

テラス席でのんびりティータイム


サン・ジェルマン・デ・プレ広場に面したテラス席は明るく、落ち着いた雰囲気です。
有名カフェだけあって、お値段は高めではありますが、多くの文豪、芸術家達がここで同じような時間を過ごしたと空想するだけで十分楽しめます。

そうそう、レ・ドゥー・マゴと言えば、東京の渋谷にも出店してるのを知っていますか?東京でもパリ気分を味わえるとは嬉しい限りです。


LES DEUX MAGOTS PARIS
6 place Saint Germain des Prés 75006 Paris
Tel : +33 (0)1 45 48 55 25

ドゥ マゴ パリ(LES DEUX MAGOTS PARIS)
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
Tel : 03-3477-9124
※LES DEUX MAGOTS PARISの海外初業務提携店が東京・渋谷のBunkamura内にあります。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。