ハニー活動日誌

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外活動:香港編 > 100万ドルの夜景 香港の摩天楼

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.15 Sun100万ドルの夜景 香港の摩天楼

ピークトラム

トラムでビクトリア・ピークへ


香港と言えば、香港島のビクトリア・ピークからの夜景を外すわけにはいきません。

まずは日が暮れる前に、中環(セントラル)の花園道(ガーデンロード)にあるピークトラムの駅に向かいます。ここからトラムに乗って約8分、ビクトリア・ピークに辿り着きます。


ピークトラム

高層マンションの脇をすり抜けて


ピークに向かうトラムは、乱立する高層マンションのすぐ脇をすり抜けるように上っていきます。
高級住宅街でもあるので、トラムから見えるマンションのお部屋はどれもリッチな雰囲気。


ピークトラム

ノンストップで山頂へ


高層マンション群をぬけると、急な傾斜の緑の中をトラムはさらに上っていきます。


ラマ島

ピークからのもう一つのパノラマ


ピークに到着して、まだ日が暮れていない時間であれば、九龍半島とは反対側の景色も楽しめます。
もちろん、ピークから九龍半島側の景色が有名なわけなのですが、山頂だけあって、視界を遮るもののないパノラマは一見の価値ありです。

九龍半島側の高層ビル・マンション群とはうって変わって、ラマ島を望む景色はのどかなリゾート地のような雰囲気で、同じ香港とはちょっと思えません。


天使の梯子

香港の「天使の梯子」


夜景観光にピークへ向かった日は、あいにくの雨模様の曇り空でした。
そんなアンラッキーな天候を少し残念に思っていたところ、夕暮れ時に「天使の梯子」が出現!ラッキーにもとても間近で、この「天使の梯子」を見ることができたのです。

※天使の梯子とは

天使の梯子(てんしのはしご)(Angel's Ladder, Jacob's Ladder, crepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光が光線状に地上へ降り注いで見える現象。チンダル現象の一種と考えられる。天使のはしごと表記されることも多いほか、天使の階段、ヤコブの梯子、レンブラント光線などとも呼ばれる。おもに地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られる。

(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


100万ドルの夜景

雨にけぶる夜景


日が暮れて、ついに雨が降り出してしまったため、ピークタワー(山頂にあるモール)内のカフェでコーヒーを飲みながら、ゆっくりと夜景を眺めました。


100万ドルの夜景

ネオンと霧雨で不思議な色合いに


次々と街中の明かりが灯っていくと、なかなかセクシーな色の競演になりました。
案外、天気の良い日の夜景より、雨に濡れてしっとりした夜景の方がきれいなのかもしれませんね。


100万ドルの夜景

雨があがった後は・・・


運良く途中で雨があがったので、カフェを後にして、外で夜景を撮影。
香港に来る観光客の90%が訪れるというだけあって、撮影スポットには人がいっぱいで写真を撮るのは一苦労でした。


[PR] 香港のオプショナルツアー
オンライン予約で簡単手配♪ビクトリア・ピークで夜景を眺めるツアーはもちろん、オープントップバスでの観光やマカオ日帰りなどなど。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。